ヒトプラセンタジェルアトピー

ヒトプラセンタジェル(商品名プラセントレックス)はアトピーに効果がある理由

ヒトプラセンタジェル(商品名プラセントレックス)はアトピーに効果があります。

 

皮膚は表皮と真皮の2層構造になっています。一般的に表皮の細胞には水分が含まれています。この水分が皮膚の張りを生み出し、細菌、ウイルスなどの外敵から身を守る、バリアとしての機能を持っています。
アトピー性皮膚炎、いわゆるアトピーの方はこのバリア機能が低下しています。
皮膚のバリア機能が低いと乾燥肌と呼ばれる状態になります。乾燥肌が続くと、いわゆるフケが多くなります。このフケの正体は表皮です。
つまり、皮膚の1番外側にあるバリアが壊れている状態なのです。
これにより、細菌やウイルスが侵入しやすい状態になります。これらの異物の侵入によって、炎症が起こりやすくなります。
また、バリアが壊れているので、1番外側の皮膚と神経までの距離が短くなっているので、かゆみを感じやすくなっています。
これらの要因から、炎症やかゆみの症状が出てきます。
この商品に含まれている、ヒトプラセンタには、炎症を抑え、細胞を直す働きがあります。
さらに、細胞を修復する働きから、低下した皮膚のバリア機能を正常化することが出来ます。これにより、一時的な症状の改善だけでなく、アトピーの原因にも働きます。

 

ヒトプラセンタジェルには、コラーゲン生成促進作用がある

 

このヒトプラセンタジェルには、コラーゲン生成促進作用があります。真皮にはコラーゲンというたんぱく質があります。このコラーゲンの量や質によっても、皮膚のバリア機能の状態が左右されます。
コラーゲンの働きは皮膚の弾力です。この弾力が無いと細菌やウイルスをはじくことが出来なくなります。さらに、真皮が元気になると、表皮に送られる栄養も多くなるので、この製品を使用することでお肌が元気になります。これは、アトピーの人でも同じことが言えます。

 

ヒトプラセンタジェルはアレルギー反応が可能性が低い

 

また、アトピーを発症している方は、常に炎症が起きている方がほとんどなので、アレルギー反応が起こりやすいです。
私たちの体には、外から入ってきた異物を排除する、(免疫細胞と呼ばれる)軍隊がいます。体の外から入ってきた異物に対して、この軍隊が過剰な攻撃することで異物でない私たちの細胞も傷ついてしまいます。この反応をアレルギー反応と呼びます。
そのため、プラセンタという名前が書いてあっても、ウシやブタのプラセンタを使用している場合、私たちとは違う動物なので、アレルギー反応が起こりやすいです。
この製品はヒトのプラセンタを使用しているので、アレルギー反応が起こる可能性が比較的低くなります。そのため、アトピーや敏感肌の人でも安心して使用することが出来ます。
ただし、アレルギー反応の発生が比較的少ないのですが、0ではないです。使用前に必ず、パッチテストしてください。

このページの先頭へ戻る