看護師は女性の職業としてとてもよいもの

トップページ  > 看護師になった理由  > 看護師は女性の職業としてとてもよいもの

看護師は女性の職業としてとてもよいもの

女性・40代、小児科5年、内科2年、整形外科2年の経験
プロフィール:
小児科と内科、整形外科とアルバイトの健診センターを含めると約10年の看護経験があります。これまで看護研究やプリセプター、臨床指導者をやってきた経験あります。また結婚をした時と、第一子を出産後の2回転職経験があります。

身近に看護師がいたので自然に興味をもった

中学生のころから、何か手に職を付けたいと思っていました。特に絶対看護師と思っていたわけではありませんが、叔母が看護師であったこともあり、身近に看護師がいて話を聞くことも多かったので、自然に看護学校に行こうかなという気になりました。高校では普通科に進みましたが、卒業後は看護師の専門学校に入り、3年過程をえて卒業、すぐに就職をしました。

変な憧れを持っていなかったためにやりやすかった

看護学校の時には、看護師に憧れて入ってきたという人がいて、現実と理想のギャップに戸惑いを感じて、看護学校をやめていく同級生もいました。私の場合は、そのような理想は特に抱いていなかったために、看護師の仕事に幻滅することもなく、看護師になることをあきらめることはありませんでした。実際看護師になってからも仕事の1つとしてとらえているので、特に自分の理想と違う、辞めたいと思ったこともありません。むしろ何も理想を抱いていなかったからこそ続けていられると思っています。

看護師は自活できるのでとてもよい職業

良かったと思います。なぜなら、女性として一人で生きていくことも可能なほど、職業の立場も確率されていますし、収入も得ることができます。また結婚してもいつ離婚になるか分からない現代です。シングルになっても家族を養っていけるくらいの収入は得ることができるので、看護師の免許を取ってよかったと思っています。

理不尽なことを言われると腹が立つ

実際はあまり思ったことはありませんが、医師や師長から理不尽なことを言われた時には、なんだか矛盾しているなと腹が立ちますし、こんな職場よくない、と思ってしまうことがあります。

できるだけ長く看護師をやりたい

看護師はできればすっと続けていきたいです。ただ夜勤とかこなすのに、体力も必要ですし、医療の現場も日々進歩しているので、自分自身で勉強もしていかなくてはいけません。それらを行いつつ、できるだけ働きたいなと思っています。
Copyright(C) クリニック・小児科への転職についてのアドバイス All Rights Reserved.