快適すぎる職場に危機感を覚えて看護師をやめた

トップページ  > こんなとき辞めたくなった  > 快適すぎる職場に危機感を覚えて看護師をやめた

快適すぎる職場に危機感を覚えて看護師をやめた

女性・30代、外科3年、内科2年の経験
プロフィール:
私はとある総合病院に5年ほど正社員として勤め、内科と外科両方を経験したので、ある程度の知識をもった中堅ナースでした。一人暮らしをし、夜勤もあったので病院の近くのアパートに住んでいました。

大人気の病院勤務5年めにとつぜん辞める決心をした

五年目になった冬に突然辞める決心をし、師長さんに相談して、すぐに看護部長と面接をしました。
師長に相談してからわずか半年弱、合計まるまる五年で辞で辞めることになりました。
勤めていたのは、とても歴史が長く、県では一番二番を争う人気の病院です。医師の技術はもちろん、看護の質が高いとして患者さんからは人気があり、世間からはその病院に勤めているというとすごいねと言われるような、そんなプライドをもった病院です。

快適すぎて甘えていた自分に気づいた

職場事態は病院の中でも人間関係がよく働きやすいと言われ、私自身も働きやすかたんですが、同時にぬるま湯につかっているような気持ちにもなりました。外科病棟では新卒のころから怒られ厳しく育っていたので、内科に移動してから新卒や後輩に対しとても甘く、のびのびしすぎているのを見て疑問に感じることもありました。
中堅ナースになり、全く怒られることがなくなり、先輩としてみられることが多くなったことでなんとなく仕事している部分があり、向上心がなくなっていました。看護の仕事にやりがいを感じながらもある程度経験することは経験してしまったことで物足りなさを感じ、もっと広い世界が見てみたいと思うようになっっていた頃、たまたまテレビで芸能人が海外にいって活躍して英語を堪能に話しているのをみて、私も海外で挑戦したいとその瞬間感じ、思い切って環境を変えるために辞めようと決断しました。

リーダー業務はつらかったが仕方ないと思っていた

勤務事態は確かに辛く、リーダー業務をやらされることも多く、人を引っ張っていくことが苦手なタイプの私にとっては毎回とても苦痛でした。高齢者で寝たきりの患者さんがほとんどの病棟だったので、体位交換やオムツ交換などが多く、体力的にしんどかったのと、急変が多かったので急変時の対応への緊張感、責任感が重なりストレスを感じたりという部分はありましたが、その時はそんなことは日々日常だったので仕方ないと受け止めている部分もあり、本当に辞めたいとか辛かったということはそこまで強く感じてはいませんでした。

海外で新しい経験をしたかった。今はマッサージセラピスト

そのまま内科病棟で中堅ナースとして働くこともできたと思いますが、一度思ったらすぐ行動したいタイプなので早く辞めて新しい経験を海外でしたいと思いました。現在はマッサージセラピストの資格をとり、時々マッサージの仕事をしたりもしますが基本は主婦です。看護師の仕事は一切していません。

辞めたい理由がプラスの理由ならやめていい

辞めるということがあなた自身にとってプラスになることならば辞めてもいいと思いますが、ただただ辛くて逃げたいという理由で辞めたいのならば違うような気がします。それは自分に対する甘えなので、他のところへいっても結局長く続かないと思います。本当に体力的にしんどいなどならもっと環境を変えてみるのも一つの手だと思います。
私が今思うことは、看護師の世界はとても狭かった、ということです。一度離れてみると気づくこともたくさんあるし、新しい職業に挑戦するか、また看護師として戻るかはその人次第ですがまた新たな自分の姿をみることができるのは確かなので、辞めることは決してマイナスではないと私は思います。
Copyright(C) クリニック・小児科への転職についてのアドバイス All Rights Reserved.