クリニックは大学病院より知識がつくかも

トップページ  > クリニックへの転職  > クリニックは大学病院より知識がつくかも

クリニックは大学病院より知識がつくかも

女性・30代、内科、外科クリニック13年の経験
プロフィール:
病棟も勤めましたが、土日休みでプライベートを充実させたかったので、長年色々なクリニックに勤務してきました。現在は子供を産んだばかりなので休職中です。

クリニックでは採血スキル必須

まず必須なのは採血スキルです。その他、オールジャンルに対応できること、接遇スキルも必要とされます。
私がクリニックでしていた仕事は以下のようなことです。
採血、胃カメラ、大腸カメラ、大腸ポリープ切除手術介助、外科小手術介助(電メス使用)、ABI、治験、物品消毒、滅菌、滅菌ガーゼ作り、訪問看護、レントゲン介助、健康診断、ピロリ菌除菌検査、各種予防接種の注文・管理、物品注文、心電図、負荷心電図、24時間ホルター心電図とりつけ、24時間自動血圧計とりつけ、OGTT(ブドウ糖負荷試験)、肺機能検査、酸素ボンベの管理、クリニックの掃除

待遇はとてもよかった

勤務時間は9時〜18時半、お給料は年間480万円。福利厚生はエクシブで、彼氏の費用まで負担してくれました。年1回です。

人間関係は厳しい

クリニックは看護師の人数が少ないので、人間関係は厳しいところがほとんどです。入ってくる看護師にはおばちゃんが多く、教えても覚えるのが遅いのでこちらの根気もいります。人数が少ないと、おばちゃんの働く速度が遅いのが目立って、忙しいときは一人で働いているんじゃないかと錯覚することもあります。
他のクリニックで働いていたときは、看護師さんはパーフェクトなのに、医療事務にお局がいて看護師の仕事に口を挟んできたりしました。

大学病院よりも知識がつくかも

医師の隣にいるので画像診断は読めるようになります。大学病棟で働く友達より医療の知識はあると思います。

プライベートが充実できるようなクリニックを選んで

若い先生のほうが新しいことを取り入れてやると思います。
大腸カメラは通常昼休みに行うため、休憩時間が削られますが、検査がない日の場合は、自宅が近所であれば帰宅して家でご飯を作って食べられます。丸々2時間半休憩時間があるので、昼寝もできます。私は洗濯物をとりこんでたたむ時間にしていました。
あと、胃カメラの洗浄機械があると楽です。

ユルいクリニックは避けて

ルールがなくてすべてにおいて適当なところ。長い間それできてしまって直す気持ちのないスタッフたちがいるようなところ。衛生管理がたりないところ。
Copyright(C) クリニック・小児科への転職についてのアドバイス All Rights Reserved.